アンテナの種類

地上波放送を見るためのアンテナ工事にいくらかかるか

テレビ放送の中で、基本中の基本が地上波放送でしょう。公共放送以外は無料で見られ、新聞のテレビ欄でも放送スケジュールが大きく取り扱われています。新築の住宅を購入した時にはアンテナが取り付けられていない可能性があり、その時には地上波放送を見るためのアンテナ工事を依頼しなくてはいけません。その時にどれくらい費用が掛かるか知っておくと良いでしょう。かかる費用としては、アンテナ代とケーブル代、そして工事代金になります。屋根の上での作業になるので工事代金がかかりがちになりますが、合わせて3万円かかるかどうかぐらいになるでしょう。その他受信状況が悪い時には別途ブースターなどが必要になり、追加で1万円ぐらい必要になるときもあります。

衛星放送用のアンテナ工事は設置位置で異なる

地上波放送だけでは物足りないと感じるなら、衛星放送を視聴できる環境づくりに挑戦してみましょう。地上波放送を視聴するには屋根の上に魚の骨のような形の八木式アンテナを取り付ける必要がありますが、衛星放送では丸いアンテナが必要になります。これまで設置していないなら新たに設置が必要になります。費用としてはまずアンテナ代、ケーブル代などが必要になります。そして工事代金ですが、衛星放送用のアンテナは必ずしも屋根に設置する必要はなく、ベランダや壁など低い所への設置でも構いません。屋根の上への設置だと高くなりがちですが、低い位置であればそれほど高くなりません。総額として屋根の上なら3万円ぐらいですが、ベランダなどなら2万円ぐらいでの設置も可能でしょう。