そもそも地デジアンテナって何?

地デジアンテナについて説明します。

地デジアンテナは地上デジタル放送を見るために必要なアンテナで、BSやCS用とはキャッチできる電波の周波数が違います。NHKや民間放送の地上デジタル放送を見るためには必ず必要となります。ご自宅の電波状態が良ければ、室内アンテナでテレビを見ることも可能ですが、多くのご家庭では屋根の上などにアンテナを設置します。それでも電波状態が悪い場合や、何台ものTVにつなぐ場合はブースターを使用して電波を増幅します。アパートなど集合住宅では、共同アンテナを立てて、各部屋に電波を分配している場合もあります。
設置が屋根の上が多いため、台風や地震による影響も考えられ、取り付けは強固に行う必要があり、材質もさびにくい金属を利用しています。地デジアンテナの設置は、危険防止や綺麗な画像を楽しむためには、専門業者に依頼することが望まれます。

地デジアンテナとケーブルテレビ

電波状態が悪い地域では、ケーブルテレビに加入しているご家庭も多いようです。たとえ屋根の上に地デジアンテナを設置しても、電波が届かなかったり、電波が乱れる場合にはケーブルテレビが有効です。ケーブルでご家庭まで電波を引いてきてくれるので、綺麗な画像が楽しめます。ケーブルテレビの場合、独自の番組も放送していたり、BSやCS放送も同時に見ることも可能なので、電波状態に関係なく加入している人も多くいます。地デジアンテナは初期投資は必要ですが、月々の利用料は不要なのでアンテナを立てている人が多いようですね。又、地デジアンテナならば、ご自宅が県境にある場合は、隣の県の放送を見ることが可能な地域もあるので試してみましょう。